ブログ

事例1211 「早期のシーリング切れ」

先月、通信障害やソフトなどの不具合が起きたため、
システムのグレードアップを図る予定です。

調べれば調べるほど技術の新化に驚きます。
何をどうするか考え、決めるだけでも、相当な時間がかかりました。

 

■(1)今回の事例_____________

「早期のシーリング切れ」
_______________________

◆写真解説

新築してすぐに外壁シーリングが切れた。
施工不良が原因。雨漏りしやすくなる。

 

◆内容説明

30年くらい前、ハウスメーカーにいた頃、シーリング切れの問題
が数多く発生した。
その時代は、正しい施工をしていても、外壁材やシーリング材自体に
問題があり、早期に切れる現象は他所でも多かった。

それ以降、改善が進み、さらに最近では高耐久のものが発売されるなど
シーリングが切れる事例は珍しくなったが、
施工不良による不具合は、ごくまれに出ている。

今回の例は、界面で切れていることから、プライマーの施工不良が原因だと思われる。

シーリングが切れると、「劣化」で仕方がないという業者もいる。
早期の切れは、何らかの不具合が原因であることが多く、劣化ではない。

 

◆対策

シーリング工事に張り付いて見ているわけにはいかない。
完成後、シーリングが切れていても、気にしないと気づかないため、
定期的にシーリング切れを確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

ここ数日、パソコンで文字ばかり打っておりました。
(音声入力はアイフォーンで使う程度)

パソコン上で文章を見直ししても、最終プリントすると
いくつか修正があります。

前から思っていますが、紙とパソコン上で見る文章の違いは
何なのか、本もタブレットで読むこともありますが、
その違いは分かりません。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影