ブログ

事例1241 「屋根通気材の施工不備」

名古屋は東部と西部で雪の降り方が違います。
積雪量が多いのは西部。
事務所は、東部にあるため、雪は降っているものの
道路に積雪はありません。

 

■(1)今回の事例_____________

「屋根通気材の施工不備」
______________________ 

屋根通気材施工不備

◆写真解説

ウレタン吹付、屋根通気材の施工不良。
隙間やたれなどがある状態でウレタンを施工すると、
通気層が塞がれ、結露の原因になる。

 

◆内容説明

ウレタン吹付を屋根に施工する場合、外側に通気層を設けるのが一般的。

写真は専用の通気材料(紙製)を施工しているものの、
隙間やたれなどがある状態。
これを施工したのは大工。吹付のことを良く理解しないまま、
施工しているのが原因だと思われる。

通気層が塞がれると、通気がつまり、湿気が滞留しやすくなる。
確実に通気が機能するよう障害のない状態が重要。

 

◆対策

あとから確認が難しい箇所。 通気層を施工に左右されにくい
2重垂木にするか、 ウレタン吹付前に通気材のチェックを行う。

 

==============================

■(2)編集後記

社内検査をする部署の立ち位置で、
その会社の品質に対する考え方が分かります。

建築会社のメインは、営業、設計、工事。 総務や経理と同じく、
品質管理やアフターサービスは 裏方のようなポジションです。
売上や利益貢献が分かりにくく、 そもそも、そのような部署がない、
担当者が誰もいない、 外注に丸投げしているケースもあります。

最近でも、社内検査を飛ばしてしまっている大手ハウスメーカーの
現場がいくつかありました。 おそらく、現場が集中し、人手不足で
対応しきれなかった可能があります。

品質管理課がきちんと機能している会社であるか
なかなか外からでは分かりにくいですが、
業者を選ぶ時に、体制などを聞いてみるのも良いと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影