ブログ

事例1253 「ゴミ隠し」

この仕事をしていると、10連休を取るのは難しい
です。

それでも、大型連休は、普段よりは現場スケジュール
が入りにくく、普段に比べ、休みが取りやすいです。

 

■(1)今回の事例_____________

「ゴミ隠し」
______________________

瓦破片

◆写真解説

瓦ぶきの屋根。隅棟部に瓦の破片を入れている。
乾式施工においては重くなる、通気を阻害するなどの
デメリットしかないが、複数の業者へ聞き取りすると、
これが一般的な施工だという回答が多かった。

 

◆内容説明

破片は、隅棟部の瓦をカットしたもの。
ここの施工業者含め、複数の屋根業者に聞き取りした
ところ、回答の多くは、漆喰を使う湿式施工の時、瓦
の破片を入れて漆喰を施工するので、問題ないという
内容でした。

本現場は、湿式ではなく、乾式の施工。
今の時代、瓦のほとんどが乾式の施工で、湿式は少ない。
漆喰を施工しないのなら、瓦の破片に役割はなく、ゴミ
である。

念のため、瓦の施工マニュアルをいくつか確認しました
が、乾式施工において、割った瓦を入れるような表記は
ありません。

完成すれば見つからないため、下ろす手間、処分費削減
を目的として、故意にやっていると思われる。
それだけ発注単価が安く、利益が少ないのかもしれない。

地中や壁内、屋根裏などにゴミを放置するのと同じこと、
これで良いと判断していることが理解できない。

 

◆対策

工事中に確認すると言っても高所のため、
施主自身での確認は困難。

事前に瓦の処理について、確認をしておく。

 

===========================

■(2)編集後記

本日、ネットのニュース、
欠陥住宅裁判で「慰謝料を認める異例の判決」という内容が
出てました。

このニュースを読んで、意外だと思われる方がほとんどだ
と思います。

弁護士のコメントで、
「建物の瑕疵(かし)で慰謝料が認められるのは画期的」
とあるように、欠陥住宅裁判では、私も慰謝料は認められ
ないものだと思っています。

裁判でなく、直接の話し合いであれば、慰謝料を請求し、
相手が支払うケースはあります。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影