ブログ

腑に落ちない対応

今現在、軽量鉄骨のボルトの緩みで争っている住宅があります。
築数年後、室内の工事をした際に、ボルトの緩みが発覚。
私も現場で立ち合い、トルクレンチでボルトを締めた。
目視で緩みは分からないが、トルクレンチで締めるとボルトが
締まる。数は1,2本ではなく、確認できたボルトにおいて、
結構な確率でボルトが締まった。

私が腑に落ちないのは、
ハウスメーカー側は緩みを認めてはいるものの、
原因について、徹底的に調べようとしない。

原因は、工事中の締め忘れか、経年で緩んだの
2つしか考えられない。どちらにしても会社にとって
都合が悪いため、原因を追究する気がないようです。

緩みの数から、締め忘れの可能性は低く、私はあとから緩んだ
可能性が高いと考えています。原因はボルト自体の不良。
そうであれば、構造部分でもあり、リコールすべきです。

施主が、この件の情報を国土交通省や市に入れても
どの行政も関心を示さず、裁判を勧められる。
大量生産品で、安全にかかわる事であっても、
行政は、世間が騒がない限り動きません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影