ブログ

事例1258 「不同沈下で基礎が折れた」

先週の土曜日の朝、新幹線内で携帯の電波が
立っていないことに気づきました。

2度ほど再起動したあとに、AUの電波障害を
知りました。

ネットは時々つながったのと、もう1台ソフトバンク
携帯を持っているので、それほど困りませんでした。

 

■(1)今回の事例_____________

「不同沈下で基礎が折れた」
______________________ 

基礎割れ

◆写真解説

ベタ基礎スラブの割れ。
不同沈下が原因で、スラブが折れて、ひびが入った。

 

◆内容説明

家の中央部あたりから不同沈下していて、
丁度、沈下の起点付近でベタ基礎のスラブが折れていた。

今は地盤調査を行うので、昔ほど大きく沈下しません。
にもかかわらず、地盤保証は大きく沈下しないと
保証対象となりません。

つまり、いくら基礎が折れていても、傾斜角が保証基準
を超えないと保証対象外。保証会社に有利な内容です。

 

◆対策

地盤調査会社に判断を丸投げしているケースは判断ミスが多い。
軟弱地盤の場合で、判定に疑問がある場合は、
セカンドオピニオンを求める。

 

===========================

■(2)編集後記

6月に実施した欠陥検査の数が多く、未だに書類作成に
追われております。

1件終わったら次に着手ではなく、優先順位を付けて、
数件の書類を並行して作成します。

まとめて1件ずつ仕上げるよりも、途中に時間を置くことで
考え直す時間が増えるなどのメリットがあります。

あと残りは、鉄骨造と鉄筋コンクリート造の建物。
木造とは違うパターンの瑕疵が多くあり、
作成に時間がかかっております。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影