ブログ

事例643『打ち継ぎ部のジャンカ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今週から現場が本格的に動き出したようで、
週末まで、検査予定が一杯になりました。
急な依頼や変更も多く、
スケジュール管理に苦労しています。
■(1)今回の事例________
「打ち継ぎ部のジャンカ」
_________________
ジャンカ
 
◆写真解説
基礎打ち継ぎ部のジャンカ。
この箇所にジャンカがある現場が非常に多い。
基礎の一体化を阻害する。
◆内容説明
最近よく指摘をするので紹介します。
型枠の下に隙間があると
セメントペーストが流れ、ジャンカが起きやすい。
補修基準は日本コンクリート工学協会の資料が参考になります。
ジャンカの程度別に補修方法が記載されています。
ジャンカの程度として最も多いものを紹介すると、
ジャンカの程度:「表層に砂利が露出しているが、砂利をハンマー等で
叩いても欠け落ちることが無い」(等級B)
補修方法:ポリマーセメントモルタルを塗る。
◆対策
あとから床下に入り補修することは困難です。
型枠をばらした直後にチェックをする。
=====================
■(2)編集後記
平成5年築の木造住宅の耐震診断と
補強工事計画の依頼を請けました。
昭和56年以降の建物ですが、診断結果はかなり低い評価。
ある程度安全な状態にするために700万円超の工事費用が
かかりそうです。
昭和56年以降の建物でも安心はできません。
木造住宅であれば平成12年の法改正以降で、
欠陥がない建物でないと、大地震に耐えられない恐れがあります。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影