ブログ

事例647『マンション床組の不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
会社の近くの現場。
基礎工事の職人さんが懐中電灯をつけ
20時過ぎでも仕事をしてました。
今の忙しさは異常ですね。
■(1)今回の事例_________
「マンション床組の不備」
_________________
 
床組
 
◆写真解説
マンションの床組。
部分的に木を組み合わせ、支えている。
接合部に接着剤の施工はない。
大きな振動で崩れる恐れがある。
◆内容説明
ほとんど金属製の束で支えているが
一部で写真のように、木を2つ組み合わせ
束の代わりにしている。
見えない箇所だけに、手を抜かれた。
◆対策
マンションは工事中に検査ができません。
完成時に点検口をチェックする。
====================
■(2)編集後記
新聞では、職人単価の高騰が書かれていますが、
現実はそうでもないようです。
大工さんたちは、この忙しさで
単価が上がる期待をしていたようですが、
値上げはなく、今までどおりのようです。
中には税込みで単価を決められていて、
4月以降、発注単価が変わらなければ
値下げになってしまうようです。
単価など、いろんな不満がたまっているのか、
いらだっている職人をよく見かけます。
怒りながら仕事をすれば、品質に影響が出るでしょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影