ブログ

事例664『かぶり不足』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今週はこれから始まる、かなりひどい欠陥住宅裁判の
書類の締切に追われ、気が重かった。
この週末で何とか完成するつもりでいたところ
提出期限が先に延びました。
先送りですが、気分的に楽な週末が迎えられそうです。
■(1)今回の事例_________
「かぶり不足」
_________________
 
かぶり
 
◆写真解説
ベタ基礎、スラブ筋端部の折り曲げが、かぶり厚不足。
根入れ(地盤面からの深さ)が少ない基礎で、よくある事例。
◆内容説明
端部で90度に折り曲げた鉄筋の先が
捨コンから2,3CMしか離れていない。
この箇所のかぶりは、捨コンを除いて6CM必要。
型枠が入ると外からは見えず、
上からだけ見ていると、見落としやすい。
職人も、検査員も気づかないことが多いです。
◆対策
検査時に見にくい箇所です。
また、あとから非破壊での確認も難しい箇所。
コンクリートを打つ前に確認する。
=====================
■(2)編集後記
今週、名古屋の大地震被害予想が新聞に出ていました。
死者や被害数は、特定の地区に集中しています。
これから家を買う人は、このデータを見て
買う地区を考えるのもよいでしょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る