ブログ

事例681『屋根下地の腐朽』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日はやや遠方へ、マンション完成検査に出かけます。
一個人からの依頼で、見る場所は限られますが、
ピット内や屋上など、ミスが出やすい共用部分も
抜き打ちで場所を指定し、チェックしてきます。
売主、施工者さんには時間を取らせるため
遅れないように早めに出発します。
■(1)今回の事例_________
「屋根下地の腐朽」
_________________
 
屋根腐朽
 
◆写真解説
軒がない屋根。少しだけ外壁面から出ている屋根下地の合板が
濡れて真っ黒になっている。屋根からの雨漏りが原因。
◆内容説明
屋根の防水が切れ、下地の合板まで濡れている。
長期間放置したため、合板が腐り、
屋根ごと交換しないといけない状態。
原因は防水工事の施工不良。
こんな状態でも屋根工事店は施工不備を認めない。
◆対策
雨漏りは10年間の瑕疵担保期間や保険があるので
ミスがあっても自己負担で修理することは、ほぼありません。
それでも漏れないに越したことはありません。
特殊な屋根形状、防水材料を使う場合は
工事中のチェックが重要です。
=====================
■(2)編集後記
マーケティングコンサルタント藤村正宏さんのSNSでの投稿で
昨日、こんな内容がありました。
↓↓↓
不自然なものは、不完全ですから、どこかが破たんして結果、不幸を招く。
あのナポレオンがこう言っています。
「すべて自然でないものは不完全である」
一見、その時は成功したと思っていても、長い目で見たら不幸のはじまりだったりする。
お客さまを騙すような商売。
誰かが泣くようなビジネスモデル。
自分だけよければそれでいいという会社。
そういうのは自然ではないですから、しあわせの概念とはほど遠いところに到達します。
そういう落とし穴に落ちないようにね。
これを読んで思い出したことが先週情報入手した話。
最近始まった、ある詐欺まがいのサービス(住宅関連)が好調らしい。
住宅購入は慎重になる方が多く、不安を取り除く内容を
無料だと持ち掛けられれば、騙される人は多いでしょう。
また、購入経験がないと、騙されていることにも気づかないでしょう。
騙されないためには、システムの不自然さに気付くことです。
「無料な理由は何なのか」「無料なのに広告を出せるのはなぜか」
それが分かれば、自分のためのシステムでないことに気付くはずです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影