ブログ

事例714『耐力壁の幅不足』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
先週と今週、ほとんど現場に出ていたため、
書類作成がたまっています。
明日から現場予定を先延ばしにして
書類作成に集中します。
■(1)今回の事例__________
「耐力壁の幅不足」
__________________
 
筋違い幅
◆写真解説
筋違いによる耐力壁の幅が550mmほど。
筋違いが起きすぎて、所定の耐力が望めない。
規定では900mm以上必要。
◆内容説明
柱間約550mmに筋違いが取り付けられている。
建築基準法に記載してあるわけではありません。
構造計算などの本に「柱間900mm以上、かつ、
高さと幅の比が3.5以下」と記載があります。
建築士なら知識として知っているべき事項です。
◆対策
図面の段階でチェックをする。
幅900mm以下で耐力を取りたい場合は面材にかえる。
(面材は幅600mmまでOK)
===================
■(2)編集後記
「家も車のように車検制度を設けたほうが良い」
新聞の記事で読んだLIXILの社長の考えです。
私も同感ですが、実行は難しいでしょう。
長期優良住宅では点検、補修のサイクルが決まっています。
実際に計画どおり点検、補修が行われていくかは
新しい制度のため分かりません。
年数が経てば経つほど、点検や修理を飛ばしてしまう家が
増えていくと予想しています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る