ブログ

事例728『梁に大量の穴』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
ホームページのリニューアルに伴い、
毎週火、金に更新している「欠陥写真」の新規追加と、
欠陥事例の掲載を今回で一時ストップします。
来週1週間程度の中断と予想しています。
また、ブログの方も「アメブロ」から「ワードプレス」へ移行します。
新たに移行する際は、ブログ上で時期をお知らせします。
■(1)今回の事例_________
「梁に大量の穴」
_________________
 
梁開口
 
◆写真解説
20CMほどの高さの梁に集中して7ヶも穴があいている。
構造材であり、NGな施工。
◆内容説明
2×4の梁、床根太は、規定どおりであれば
穴をあけること自体はOKです。
今回の例は、建築の構造に詳しくなくても、
これはダメだと想像がつくはずです。
7ヶ所もあけず、1ヶ所、規定範囲の大きな穴をあけて
まとめて配線を通せばよい。
◆対策
完成してしまうと見えない部分。
工事中のチェックが重要です。
=======================
■(2)編集後記
消費税8%の駆け込みによる「職人不足」が原因の
欠陥住宅の相談が今週もありました。
未熟又は専門でない職人による施工です。
過去、ハウスメーカーにいた時も、職人不足の時がありました。
まだ私が新人の頃で、上司が職人を探すのに必死でした。
仕方なく、日雇い労働者を集め、基礎工事をさせたこともありました。
出来た基礎は、ガタガタ。見栄えの悪い箇所はすぐに補修し
工事を進めました。
消費税10%が先送りされそうです。次の駆け込みで
被害に会わないように気を付けましょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る