ブログ

事例489『フローリングの変色』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
事務所の近くで建築条件付きの宅地が売り出されている。
面積は狭く、かなり日当たりが悪そう。
いいところは、駅から近いことだけ。
利便性を取るか、日当たりを取るか
購入者は迷うでしょう。
■(1)今回の事例________
「フローリングの変色」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-床の変色
 
◆写真解説
フローリングの変色。下地合板が雨で濡れた。
乾かない状態で上からフローリングを施工した結果、
入居後すぐに変色した。
◆内容説明
木躯体組み立て時に、雨に濡れ、
乾かす間もなく短工期で仕上げた現場。
工期を聞いてみると、躯体上棟から完成まで約1ヶ月。
もう少し時間をかければ、このようにならかなったでしょう。
それにしても、施工した大工さんは、
この現象を予想できなかったのでしょうか。
◆対策
木造住宅の欠点に、工事中雨に濡れることがある。
濡れた場合は、十分乾燥させてから次の工程へ移ることが大事です。
====================
■(2)編集後記
三井ホームが米マイクロソフトと組んで
身ぶり手ぶりで家電や家具を操作できる新しい住宅を開発する。
というニュースを一昨日くらいの新聞で見た。
かなり未来的な印象を受けたが、商用化は3年後とのこと。
ここ数年で、住宅も大きく変わるようです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影