ブログ

事例417『補強筋のかぶり不足』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 長期間、過密だった現場の予定が一段落。
 
 今週、来週は東名の集中工事中。
 できるだけ、東名を使う方面への検査が出ないことを祈りつつ、
 手が付けられなかった、事務内での仕事を片付けています。
 
 
■(1)今回の事例___________
  「補強筋のかぶり不足」
 __________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-鉄筋かぶり
 
 
 ◆写真解説
 
 配管補強筋のかぶり不足。
 
 補強筋でも、6CMのかぶりを確保しないといけない。
 
 ◆内容説明
 
 配管スリーブで鉄筋を切断した箇所。
 その部分を補強するために入れた補強筋が、
 形状が大きすぎて、地面との距離が取れていない。
 
 鉄筋屋さんの仕事が終わっているため、
 設備屋さんが、補強筋を入れるケースが多い。
 
 設備屋さんは、鉄筋を曲げるなどの加工する道具を
 もっていないため、加工済のものを使う。
 
 うまく形状が合わなくても、そのまま施工するために、
 写真のようにかぶり不足になる。
 
 
 ◆対策
 
 工程の段取り的に、調整が難しい部分。
 
 配筋の検査で確認し、ダメな場合は、基礎屋さんに直させる。
 
 
=====================
■(2)編集後記
 
 
 工事現場では、着用が当たりまえのヘルメット。
 しかし、住宅の現場では意外と、着用率が低い。
 
 かっこ悪い、うっとうしい 
 
 などの理由で、かぶらない人がいる。
 
 
 車のシートベルトのように、
 ルールで決められ、万が一の危険に備えるもの。
 
 決められたルールを守れないような人は、
 仕事でもルールを守れないと、見なされても仕方がない。
 
 だから、着用していない職人を見ると、
 現場や工務店のモラルの低さを感じてしまう。
 
 
 私は、ヘルメットをかぶる癖が付いているので
 ヘルメットなしで、足場を歩くことに危険を感じます。
 
 
 しかし、電車で検査に行くときは
 このヘルメットが、かさばる。
 
 カバンに入れずに手で持って、電車に乗る勇気もありません。
 
 
 そこでいいものを見つけ購入しました。
 安全基準もクリアしています。
 
 たたむと、ノートパソコンくらいの薄さです。
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-タタメット
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影