ブログ

事例190(基礎人通口 通れない)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今朝、古いカタログ類をゴミに出しました。
 
 集めてみるとその量にびっくり
 普段、整理整頓できていない証拠ですね。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「基礎人通口 通れない」
 ________________________
 
 190

  
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 床下点検を目的に人が通るための基礎人通口。
 真ん中に束があり通れない。

 
 ◆内容説明
 
 施工上、人通口と束の位置が重なってしまい
 人が通れなくなった。
 
 支障としては
 点検できない部分ができる。
 
 床下全体を点検するために
 設計された内容に反した状態であり
 問題がある。
 
 
 ◆対策
 
 床束、及び配管類が
 人通口にかからないようにあらかじめ
 確認することです。
 
  
===========================

■(2)編集後記

 
 確認申請の完成検査時に
 民間検査機関の職員(統括の立場)が現場でナンパ
 
 仕事そっちのけで
 現場に居た女性に自分の携帯電話番号を教え、
 しつこくお茶に誘う。
 
 
 実はこの女性、当社のスタッフ。
 適当にかわしたそうですが
 少々呆れ気味で帰ってきました。
 
 
 「確認申請」と言いますと
 消費者のイメージとして公的な固い制度。
 
 姉歯マンション偽装事件以降に、審査、検査が強化され
 費用も大幅にアップしたばかり。
 
 なのに現実、このようなことが起きている。
 
 検査員は
 一級建築士
 建築基準法適合判定資格者
 住宅瑕疵担保保険検査員
 住宅性能評価評価員
 適合証明検査員
 
 多くの資格、認定を持っているようですが
 やる気がなければ検査に来る意味が無い。
 
 
 業者から発注する検査形態では
 検査が甘い会社へ仕事が集まるのが当然の原理。
 
 しかし、極端すぎますね。
 
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影