ブログ

欠陥住宅事例26

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今回は『土台火打ちが切られている!』を紹介します。
 
 
■今回の事例____________________
 
 ・床下点検口をあけたら・・・
 
  ノコギリの切れ目が深さ1CMも入っている
  『火打ち土台』を発見
 
  ________________________
 
 26
 
 
 
 

 『火打ち土台』
 木造で基礎と柱をつなぐ重要な役割をする『土台』の
 コーナー部を固める役割の斜め部材です。
  
 同じような形で2階の床部、天井部の一部のコーナーにも
 『火打ち』という部材が付きます。
  
 
 今回、このような状況になった経緯は床下点検口をあとから
 あける際に大工さんが上から丸ノコ(電動ノコギリ)
 で合板と一緒に切ったためです。
 
 
 もともと、床下点検口を火打ち土台のある場所に
 付ける事自体が間違っています。
 開口が狭くなるからです。
 
 
 今回のような例は稀ですが、検査でよく見かけるのは
 土台火打ちの位置が適当な場合に入っている事が多いです。
 
 現場監督さんの勘で入っている場合が多いのでは
 ないでしょうか。
 
 普段、土台はアンカーボルトで基礎に緊結されているため
 動く事はないですが、火打ち土台は大きな地震時などは
 有効に働くはずです。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 木造住宅には木を加工するための「プレカット図」という
 ものがあります。
 (2×4には組み立てのための躯体図があります)
 
 これを監督さんにきちんとチェックしてもらう事です。
 
 
 検査においても躯体図を頂く場合が多いですが
 図面を出してくれるような業者は躯体のミスが少ないです。
 反対に図面をくれない業者ほどこのような間違いが多いです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影