ブログ

バルコニー部の外壁通気

名古屋は雪が積もりました。
現場の予定が2つずれ、週末の予定がきつくなりました。

 

バルコニーに面する外壁下の通気の入口。
多くの業者は、外壁材がFRP防水の立ち上がりに接してしまい
通気が確保できていない。(0~5mmくらいの隙間)

長期優良住宅などでは必修の通気層。
上場企業の一建設は、収まりをきちんと考えています。
バルコニー通気
防水上部をへこませ、15㎜以上の通気幅を確保しています。

上場企業でも、これがやれてない会社が案外多いです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る