ブログ

事例787『基礎断熱の雑な施工』

週末、連続で瑕疵検査を行ったら、
昨日、頭痛、だるさなど、疲れがどっと出てしまいました。

昨年、ぎっくり腰になってから
何か体に異変を感じたら、すぐ対処するようにしています。

昨日は早めに寝て、疲れを取りました。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎断熱の雑な施工」
_______________________
基礎断熱雑

◆写真解説

基礎断熱材、天端が真っ直ぐでない。
コンクリートが一部露出してしまい、結露の原因になる。

 

◆内容説明

床下など、普段見えない箇所は、いい加減な施工が目立つ。

基礎の内側の断熱材、基礎施工時に上を長く出しておいて、
あとで上端を切断した。

切断の仕方が雑すぎる。
これでは、コンクリートが露出する個所も出る。

また、この現場は基礎天端の断熱施工がない。
床下の湿気が多くなれば、基礎天端で結露する。

 

◆対策

基礎の内側を断熱するケースが多い。
コンクリートが露出していないか、
見えなくなる前にチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

来月にかけて、裁判などの紛争処理予定が膨大に入っています。

新築検査などは影響がありませんが、
単発のちょっとした検査は、即対応ができない可能性があります。

 

そのような状況であるため、
無料、電話番号非通知、匿名の電話相談は、たとえ5分でも
お断りさせていただいています。

何か聞きたい場合は、問い合わせフォームから
名前、住所、電話番号を書いて質問してください。
多少の事でしたら無料で答えます。

名前等を書いたところで、電話することはありませんし、
情報を外部へ流すようなこともありません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影