ブログ

事例795『窓下からの雨漏り』

ローコストだから品質が悪くても仕方がない。
安いと知っていて、品質を期待する方が悪い。

こんなことを契約後に平気で言うのは
どこの会社でしょうか。

契約前に言えばトラブルにならないのに・・・。

 

■(1)今回の事例______________

「窓下からの雨漏り」
_______________________
窓下雨漏り

◆写真解説

窓下からの雨漏り。
サッシ下の防水紙を端まで伸ばし、立ち上げておけば防げた。
(室内側からの写真)

 

◆内容説明

窓下からの雨漏りを防ぐため、窓下へ先張りシートを
施工する会社が増えています。
(フラット35の仕様書に記載がある)

この現場も施工してあるものの、端部が中途半端。
そのため、雨漏りしてしまいました。

確実に先張りシートを施工するため
ウェザータイト(フクビ)という既製品を使う会社が多い。

この部品の有り無しでも、
品質に対する意識の高さが分かります。

 

◆対策

サッシを取る付ける時点で施工を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

大手ハウスメーカーがリフォームに力を入れているようです。

価格が高いのに需要があるのは、大手なら
騙されないという安心感があるからかもしれません。

数年前に耐震改修の計算を頼まれた方から
先週電話がありました。

シロアリ業者が床下にもぐり、そのあと
高価な基礎補強工事を勧めてきたらしい。

本当に必要なものか見て欲しいという依頼です。
基礎補強が必要であるかどうか
シロアリ業者が判断できるのでしょうか。

見に行ってそれが煽りだと確定すれば、
被害拡大防止のため、何らかの手を打つ予定です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影