ブログ

事例796『通柱が腐った』

この週末、私用で海外へ行ってきます。
今日は丸1日移動です。
飛行機、ホテルは自分で手配したので、
トラブルがないと良いですが。

時間に多少余裕があるため、
現地の不動産、建築事情も見てくるつもりです。

 

■(1)今回の事例______________

「通柱が腐った」
_______________________
木材腐り

◆写真解説

燃えたように見えるが、雨漏りで腐った通柱。
断面欠損が激しく交換が必要。

 

◆内容説明

外壁から雨が入り、柱が濡れて腐った。
木材が大量の水を吸えば、通気層だけでは早期に乾かない。
湿った状態が長いと腐朽菌の被害がひどくなる。

雨漏りは室内側に雨水が出るなどの症状がないと
なかなか気づかない。

今回は、壁下に茶色の水が出て気づいた事例。

 

◆対策

下地の防水工事時にチェックをする。

==============================

■(2)編集後記

最近、海外へ出ていく経営者の友人、知人が多いです。
考えるより、即行動するタイプの人ばかり。
用事がないと出て行かない、私とは違います。

学生時代、大成建設にインターンに行っていた時、
名古屋支店長から、弊社に来ないかと言われた。

その時の条件が「中東などの海外勤務」。

アメリカやフランス、イギリスなどでしたら
喜んで行ったと思います。
砂漠のど真ん中での仕事イメージだったので、
気が乗らなかったことを覚えています。

あの時行っていれば、今頃ドバイあたりに
住んでいたかもしれません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影