ブログ

事例852「当て木の不備」

このところ配筋検査が増えています。

消費税が上がる前に、早めに建てようという方が
増えているのかもしれません。

前の駆け込みでは、欠陥住宅が増えました。
ピーク前に建てておくと安心です。

■(1)今回の事例______________

「当て木の不備」
_______________________
当て木
◆写真解説

準耐火建築物の天井裏を撮影した写真。

矢印部の木が浮いている。
天井と壁の取り合い部で災の侵入を防止する
当て木の役割を果たさない。

 

◆内容説明

天井下地材、写真縦方向の木の上に
横方向の木を載せているため、下に空間ができて
当て木の役割を果たさない。

木造の準耐火建築物。
石膏ボードの取り合いや目地部分の裏側には
当て木を設ける等、内部への災の侵入を有効に防止できる
構造にしなければいけない。(告示1358号)
(主に準防火地域の木造3階建てが対象)

 

◆対策

防火施工は、詳細を図示しないと
現場で間違いやすい。

 

==============================

■(2)編集後記

横浜マンション傾斜事件。

多くのマスコミが飛びつき、横浜市、国土交通省も動いたため
業者は責任を取ると言っている。

ただ、費用は下請けの旭化成建材に持たせるようです。

最大高低差2.4CM。
住宅でこのくらいの傾斜は結構ある。

瑕疵か否か判断は傾斜角を見ることが多い。
間口10Mなら2.4/1000。
6/1000を超えて、品確法で瑕疵の可能性が高いとなる。
ですからこれ以下は、業者が逃げるケースがほとんど。

以前、裁判で8CM傾斜した家でも
かなり苦労して裁判に勝った。

マスコミの影響力はすごいですね。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る