ブログ

事例883「換気口ふさぎ」

12月の忙しい時に、建築士の講習会が2つもある。

一つは省エネ。もう一つは耐震。

検査の判定に関わってくるので、仕事より
優先して受講します。

 

■(1)今回の事例______________

「換気口ふさぎ」
_______________________
換気口ふさぎ
◆写真解説

コンクリート住宅の天井裏換気口。
紙製のスリーブ材が潰れて開口を塞いでいる。

撤去途中でそのままになったと思われる。

 

◆内容説明

天井裏の換気のために設けられた穴。
スリーブが取れなかったためか、紙が丸まり
穴をふさいだままで放置。

因果関係は分からないが、この換気口のある区画の
天井にカビが生えた。

計画通り換気するには、換気口を塞がないことが重要。

 

◆対策

足場があるうちに、中をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

業者の態度が悪く、話し合いをしても恫喝されるだけ、
間に入っていただきたいという相談を時々受けます。

業者の言っていることが無茶苦茶で間違っていれば
業者を黙らせることができます。

何か特別な方法があるわけではありません。
言っていることが間違いであることを説明するだけです。

脅しタイプの業者と話し合いをするときは、
ビデオカメラを回すとよいです。
恥ずかしいと思うのか、ユーチューブにアップされると思うのか
おとなしくなるケースが多いです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る