ブログ

事例904「基礎水平不良」

夕方は新幹線で帰る弁護士の予定に合わせ
名駅まで打ち合わせに出向きます。

昨日までに比べると今日は暖かいので
電車移動も苦になりません。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎水平不良」
_______________________
基礎高さミス

◆写真解説

基礎天端が水平でない。人通口の右左で1CMの差。
このまま躯体を組むと床や壁にひずみが出る。

 

◆内容説明

コンクリートを打つ前に、高さの目印を各所にセットする。
その目印がセットしたあとに動いてしまい、
そのまま仕上げてしまった。

人通口幅600mm程度の距離で1CMの高低差は大きい。
せめて2,3mmが許容範囲。
この会社は基礎完成時に水平の確認を行っていない。
検査で指摘をしなかったら、土台施工が中断していたでしょう。

修理は高い部分のコンクリートを削る。

 

◆対策

目視ではなかなか分かりにくい。
基礎完成時に水平精度を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

福岡県で水道管がたくさん凍結し破裂。
断水が続いているようです。

マイナス4℃が凍結の目安だそうです。

配管の凍結防止対策は地域で違います。
名古屋では外部に露出する配管は保温をしますが
基礎内(床下)の配管はそのままが多いです。

異常気象を考えますと、今後土の中に埋める配管の深さなども
多少安全側に施工する必要があるかもしれません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影