ブログ

事例907「筋交い金物欠落」

昨日、出版社へ出向き、編集部の中に入っていくと
清原逮捕の話でざわついていました。

そのあと検査会社などが集まる会議に参加。
インスペクションの新たな仕組み作り、
ハウスメーカーの瑕疵の情報交換をしました。

今朝は、別の出版社で打ち合わせをしたあと
名古屋に戻り、現場へ行きます。

 

■(1)今回の事例______________

「筋交い金物欠落」
_______________________
筋交い金物

◆写真解説

筋交いの端部を固定する金物が未施工。
1、2ケ付け忘れる例が多い。

 

◆内容説明

最近の新築検査で3回ほど指摘が続いた例。

地震時に筋交いが外れると建物が倒壊しやすい。
金物未施工は基準法違反になる。

数多くの金物を付けるため、忘れが出やすい。

金物の取り付け位置は上か下。
通常の目線から外れるため、誰も気づかないことが多い。

 

◆対策

全数検査を行う。

 

==============================

■(2)編集後記

欠陥住宅を施工した業者の過去を調べるため、
地方の建設事務所へ行ってきました。

情報の閲覧を申し出たが、なぜかその業者の資料がない。
登録地から間違いなく、そこにないといけない。

何故ないか、理由は不明。

誰かが資料を持ち帰ったのでしょうか。

謎を減らすため、調べに行った。
謎を一つ増やして帰って来ました。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影