ブログ

事例916「床の傾斜」

裁判の現場立ち合い、直接交渉などで
職人が出てくることが多い。

元請けが職人へ責任をかぶせ、自力で何とかしろと
命令しているのでしょう。

下請けの立場は弱いです。

 

■(1)今回の事例______________

「床の傾斜」
_______________________
床の傾斜
◆写真解説

床の角の傾斜。50CMの距離で約1CMの高低差がある。
家具などを置くと真っすぐ据わらない。

 

◆内容説明

建物が不同沈下しているわけではない。
施工不良によって部分的に床の急な傾斜がある。

フロアー全体で1CMの高低差があっても
それが遠い距離であれば問題はない。
問題となるとは建物自体の不同沈下や、短い距離での急な傾斜。

ビー玉が転がっても問題ないケースもある。
瑕疵の判断は床レベルを測定し、専門家に委ねると良いです。

 

◆対策

基礎や床の水平測定を工事中に行う。

 

==============================

■(2)編集後記

近年、建築ラッシュの介護施設や借家。
安く造らせようとするため、欠陥が多い。

また、不動産屋やコンサルタントが、設計事務所や施工会社から
キックバックを取るケースも珍しくなく、予算がますます減ってしまう。

分かっている方も多いと思いますが、
このような慣習は不動産業界では珍しくない。

来月、大型施設の瑕疵検査が決まりました。
大阪スタッフと協力し、泊りがけでの検査です。

書類を書くだけでも4日くらいかかりそうです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影