ブログ

事例922「断熱材の浮き」

この週末、早朝や深夜でも高速道路は車が多かったです。
春休みで人の移動も多いでしょうか。

明日は新幹線での移動です。

 

■(1)今回の事例______________

「断熱材の浮き」
_______________________
基礎断熱不備

◆写真解説

基礎断熱材の浮き。
隙間があると断熱効果の低下、基礎表面での結露の恐れがある。

 

◆内容説明

断熱材と基礎間に隙間があり、空気が動くようではいけない。
あと貼りの場合、写真のようにすき間が出やすい。

 

◆対策

型枠に断熱材をセットしコンクリートを流し込むか
上端をウレタン吹き付けする。

 

==============================

■(2)編集後記

大手ハウスメーカーが瑕疵補修を約束しながら
全く動く気配がない。

3月で新築現場が忙しいからでしょう。

担当者に電話しても、段取りしています。
材料の納期が遅れてますなどと言い訳をしている。

余裕がないと、新たな欠陥現場が出るかもしれません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る