ブログ

事例925「コンクリート爆裂」

連休明け、新築検査の予定が混んでいます。

明日は夜まで予定が一杯。
最近、ブログの更新ができない日が増えています。

 

■(1)今回の事例______________

「コンクリート爆裂」
_______________________

爆裂
◆写真解説

基礎内部の鉄筋が錆びて膨張。コンクリートが割れた。
築20年超の家。

 

◆内容説明

何が原因であるかはっきりは分からないが
通常、築20年でこのようにコンクリートが割れることはない。

かぶり不足やひび割れを放置した。又は生コンが原因で
内部の鉄筋が錆びたと思われる。

この状態を放置することは危険。
ますます劣化が進み、耐力的な影響が出る。

早めの補修が必要です。

 

◆対策

新築時にかぶりのチェックを行う。
0.3mmを超えるひび割れは補修を行うなど。

 

==============================

■(2)編集後記

このところ瑕疵検査を数多く行っているため、
書類作成とその後の処理に忙しい。

土日の瑕疵検査は、4月中旬まで予約が入っています。

検査後に裁判になる確率は30%くらい。
ほとんど、業者が非を認め直すケースが多いです。

瑕疵検査を行うと、自分では気づくことがなかった
瑕疵がたくさん出るケースが多い。
安全に関わる重大な瑕疵が見つかることもある。

保証があるうちに家を調べてみることをお勧めします。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影