ブログ

サンヨーハウジング名古屋 行政処分

昨日のニュース。
「サンヨーハウジング名古屋が顧客と十分な協議をせず、同社で住宅を
施工する条件で土地を販売したとして、国土交通省中部地方整備局は、
宅地建物取引業法違反で業務改善を指示した。」

建築条件付き宅地はトヨタホームや積水ハウスなど大手でも
行っている形態。

売主のところで建築することを条件に土地を買う。
つまり買主が好きな住宅メーカーを選ぶことはできない。

良心的なメーカーは、土地契約と同時に請負契約を迫らないか
あとで請負契約を撤回しても、実費を差し引き、手付は返すというやり方をしている。

問題になったのは、土地契約時に請負契約も同時に結び
あとで不信を抱いても手付金を放棄しないと契約解除ができない件。

サンヨーハウジング名古屋に限らす、この形態を取っている会社は多い。
一旦土地を契約し、あとで契約解除されると、またお客を見つけないといけない。
業者にとっては手間なので、逃げられないようにする手段。
買う側は、早く土地を買わないと他の人が買ってしまうと思い、不信な点があっても
仕方なく契約してしまう。

これは建築条件付きに限らず、請負契約でも同様。
値引きをうたい文句に早期契約を迫られ、あとで契約解除すると手付金が戻らないケースがある。

どちらにしても、慌てて買わない方がよいです。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影