ブログ

事例936「火打ち梁固定不良」

梅雨に入ったような天気。

今月に入り雨漏り検査依頼が急増。
雨漏り検査は争わないため、瑕疵検査より気が楽ですね。

 

■(1)今回の事例______________

「火打ち梁固定不良」
_______________________

火打ちビス

◆写真解説

鋼製火打ち梁。
専用ねじ5本で固定するところ、全個所4本の施工。
耐力不足。

 

◆内容説明

火打ち梁の接合部。
製造メーカーは5本の専用ねじ止めを指定。

ねじは本体に付属されている。
4本止めの場合、火打ち梁1本につき、ねじが2本余るので
おかしいと思うはず。

ねじ不足は所定の耐力が出ない。
完成してから発覚すると、天井を壊し修理することになる。

瑕疵保険の検査員が気づくべきだと思う。

 

◆対策

施工マニュアルをきちんと読む。

 

==============================

■(2)編集後記

熊本の地震で家に被害が出た方の中に
手抜き工事が原因ではないかという
疑いを持っている方がみえるようです。

弊社でも日程が合えば、
熊本県へ検査へ行くことは可能です。
阿蘇や熊本市内ですと日帰りも可能です。

愛知県はセントレア以外に県営小牧空港があり
そこからFDAという会社の飛行機が1日3往復飛んでいます。

事務所から県営小牧空港へは20分くらいで行けます。
飛行機の料金も安いので、交通費が抑えられます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る