ブログ

事例938「梁の欠損」

雨漏りした家の外壁撤去作業を見てきました。

予想どおり、あるべきもの(防水テープ)が施工されていない。

完全な手抜きですが、施工した職人は
これでいいと思って施工したと思います。

瑕疵の大半は無知が原因です。

 

■(1)今回の事例______________

「梁の欠損」
_______________________

梁の欠損

◆写真解説

2階床の写真。梁のど真ん中に配管の立ち上げがある。
大梁上部をかなり欠損している。

 

◆内容説明

梁の大きさ(高さ)は、下で支える柱間の距離や荷重。
または構造計算によって決める。

今回、大きな梁の中央部の上を、
配管を設置するため大きく切り欠いた。

政令には梁中央部の下は切り欠いてはいけないとある。
上部については記載されていないが、
大きな切り欠きは、構造の欠点になりやすい。

計算などで安全を確かめない限り、大きく切り欠いてはいけない。

 

◆対策

設備機器の配管位置を事前に確認。
できるだけ構造材に当たらないようにする。

 

==============================

■(2)編集後記

6月3日(金)セミナーを行います。

内容は建築業者向けで、一般の方向けではありません。
また、申し込み条件は、読者限定だったと思います。

詳細は以下
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/books/14/505057/041500002/
今回は、時間も長くかなりの情報を出す予定です。

裁判、紛争を数多くサポート。そのため業者から恨みを買い、
過去に2回も暴力団を送り込まれたことがあります。
法律が厳しくなった現在では、スパムメールを大量に送りつけられる。
検査が原因で損をしたと不当な請求を起こされることも。

業者から恨まれ、敵対していそうな私ですが、
それは悪徳業者に対してのみ。
前向き、真面目に取り組んでいる方への協力は惜しみません。

欠陥住宅を減らすための内容を講演します。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る