ブログ

事例955「通気胴縁の腐朽」

昨日、工場の検査で梯子を何度も登り降りしていたら
治りかけていた足の筋を再度痛めた。

負傷する頻度が年々増えています。
体を鍛える時間を作らないといけないですね。

 

■(1)今回の事例______________

「通気胴縁の腐朽」
_______________________

胴縁腐朽
◆写真解説

雨漏りによる通気胴縁の腐朽。
雨漏りの量によっては、通気胴縁も腐る。

 

◆内容説明

雨漏りが原因で通気胴縁が腐朽している。
腐朽が進むと外壁材を保持できなくなる。

通気層内へ入る雨は問題ないと処理されることもある。
雨漏りの修理は、雨が入る個所と室内の被害箇所だけの場合が多く
通気胴縁はそのままになることが多い。

胴縁の腐朽は外壁をめくらないと分からない。
(濡れているかの判断は外壁をめくらなくても分かる)

 

◆対策

外壁仕上げ面での防水施工をきちん行う。

 

==============================

■(2)編集後記

プレハブメーカーのサンヨーホームズ。
現場でサイディングを貼っているのには驚きました。

工業化住宅の特徴でもある工場施工をあえて減らしている。
現場施工にすれば、外壁の柄、色が自由に選べます。

また、断熱の細かな施工もプレハブメーカーの中では出来ている。
断熱性は同じ電気系メーカーのPホームよりかなりよさそうです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る