ブログ

事例965「フローリングの濡れ」

早いと明日から休みのメーカーもあるようです。
私はいつから休むかまだ決めていません。

かなり仕事がたまっておりますが、
2,3日は休む予定です。

 

■(1)今回の事例______________

「フローリングの濡れ」
_______________________

床の濡れ

◆写真解説

フローリングの濡れ。
目視では分からない濡れている範囲が、
赤外線サーモグラフィーカメラで見るとはっきりわかる。

 

◆内容説明

鉄筋コンクリート造の家。
フローリング下に雨水が入り、部分的にひどく湿気ている。

高周波含水率計でも判断できるが
画像化するには赤外線サーモグラフィーカメラが便利。

 

◆対策

打継部からの浸水例が非常に多い。
打継目地の防水処理をきちんと行う。

 

==============================

■(2)編集後記

名古屋の中京テレビから赤外線サーモグラフィーカメラを
貸して欲しいと連絡があった。

猛暑の様子を取りたいようでした。

弊社の持っている機種は、レンタルすると10万円弱かかるため
無料で借りようと思ったのでしょう。

知り合いのデレクターから頼まれれば貸したかもしれませんが
今日連絡があったのは面識がない人。
数百万円するカメラを知らない人には貸せません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影