ブログ

事例974「梁接合部の割れ」

台湾へ被害をもたらした台風。
風速85mは信じられない数字です。

この規模の台風が来たら今の基準でも家は持たないでしょう。
年々、台風の威力が大きくなると予想されています。

家を持つことのリスクが上がりそうです。

 

■(1)今回の事例______________

「梁接合部の割れ」
_______________________

梁割れ

◆写真解説

接合部での梁の割れ。乾燥で木がねじれて割れた。
刻みを入れた加工部分は割れやすい。

 

◆内容説明

乾燥した材木を使っても組み立て後、さらに乾燥が進み
ボルトが緩んだり、割れが発生したりする。

接合部は、それぞれが違う動きをするため木が割れやすい。

もともと梁の接合部は、強度の弱点となるため、
金物で補強した上、影響が少ない箇所に設ける。

 

◆対策

このような現象を嫌う場合は
集成材と金物継ぎ手を利用する。

 

==============================

■(2)編集後記

愛知県は交通死亡事故多発警報が発令されています。
それと関係があるのか、名古屋第二環状線などを走っていても
覆面パトカーかいつもより多い気がします。

愛知県は毎年交通死亡事故が全国NO1。
車の多さが原因の1つみたいです。

他の県を走る機会が多いですが、愛知県が特別
運転があらいなどということはありません。

やはり車の多さなどに比例して事故は起きるのでしょうか。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影