ブログ

事例985「スラブ筋 加工ミス」

明日から瑕疵検査が続きます。
また受け持つ紛争ごとが増えそうです。

瑕疵検査は1日現場に入りっぱなしになるため
連絡業務などが遅れると思います。

 

■(1)今回の事例______________

「スラブ筋加工ミス」
_______________________

ベタ基礎スラブ筋

◆写真解説

ベタ基礎スラブ筋の端部。
本来立ち上がりの鉄筋外側で曲げるところ(赤線部)、
加工ミスにより長さが短く、内側で曲げている。定着長さ不足。

 

◆内容説明

新築の配筋検査で指摘。

図面では150mm以上、立ち上がり部に定着を取るようになっている。
加工ミスにより100mm程度しか取れていない。
スラブ筋と立ち上がりの接合部が弱くなる。

職人と社内検査員は気づいているはず。
やりかえが大変なためと、コンクリートを打てば分からなくなるため
そのままにした。

 

◆対策

配筋検査で細かく見れば、このような施工は見落とさない。

 

==============================

■(2)編集後記

このところ仕事が非常に混んでおります。毎日、時間に追われています。
ただし、新規依頼を断るまでではありません。
直近1週間は予定が混んでいますが、それ以降は予定を組める状態です。

本業以外に取材や耐震補強計画の依頼なども頼まれたりします。
自分でなくてもできることは、他に任せたりしています。

このような状況で現在、はっきりお断りしているのは、
「電話での質問、匿名のメール相談」
もともと、無料相談は行っていませんが、困っているなら助けてあげたいです。
ただし、状況や相手がよくわからないのに答えるのは間違いのもと。
現場や写真を見ないと判断を誤る可能性があります。

ある医師が言っていました。
「電話での問い合わせが多いが、必ず来院するように伝える。
電話だけで完結して、判断を間違えても責任を取れない。」

建物も同様です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影