ブログ

事例1001「制震装置組み立て不備」

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

本日から仕事はじめです。
今日は、連絡業務をこなすのに精一杯。

夜に沖縄入りするため、夕方までしか仕事ができません。
本格的な名古屋での仕事開始は7日(土)からになりそうです。

 

■(1)今回の事例______________

「制震装置組み立て不備」
_______________________


◆写真解説

制震装置の固定ボルト。
ナットを締め忘れたまま、断熱材が施工されている。
組み立て不十分できちんと機能を果たさない。

 

◆内容説明

大手メーカーでは標準装備になっている制震装置。
地元工務店での採用率も年々上がっている。

写真は大工がきちんと組み立てしないまま、断熱材が施工された。
未施工は1箇所だけではなく、ほとんど全てのナットが締まっていなかった。

断熱材や石膏ボードで隠れてしまうので施工不備がばれにくい。
また、構造検査時に未施工であることも多いので、
指摘を受けることが少なく、大工もあまり重要視していないと思われる。

制震装置はきちんと組み立てて効果が発揮される。
接合部の緩みがあってはいけない。

 

◆対策

忙しくなると忘れが増える。
隠れる前に据え付けのチェックを行う。

 

==============================

■(2)編集後記

年末、WEBシステムが攻撃される恐れがあると
サーバー会社から連絡が入りました。

年末であるにもかかわらず、HPの会社が対策を講じていただき
安心して休みに入ることができました。

いろいろと外部の専門家に任せられるとよいですが
弊社のような零細組織は、業務に関することや顧客管理は自社で行うしかありません。

忙しくなると弊害も出てきます。
昨年末までに年賀状を処理しきれませんでした。
依頼頂いているお客様などへも出すことができず、
大変申し訳なく思っております。

今年はスタッフに1日余分に出勤してもらいましたが
他の仕事で時間を取られ、そのまま休みに入ってしまいました。

事務スタッフの補強を検討中です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影