ブログ

事例1003「コンクリート硬化不良」

今週は毎日遠方への移動と打ち合わせに時間を取られました。

車の年間移動距離は約4万キロ。
プラス新幹線、飛行機を含めると相当な距離になります。

移動時間が長い時は、その時間で仕事をします。

 

■(1)今回の事例______________

「コンクリート硬化不良」
_______________________

◆写真解説

基礎コンクリートの硬化不良。
一部分だけ表面が柔らかく、手で簡単に削れる。

 

◆内容説明

新築の家の床下に潜ったときに撮影。

表面が砂のようになっていため、定規の先で削るとポロポロ取れてきた。
その状態が奥まで続く。

考えられる原因は、型枠に異物が付いていて、その成分が硬化を阻害した。
硬化してない部分を削り取り、補修材を埋めて修理。

他には同様の個所がなく、はっきりした原因は分からない。

 

◆対策

打設前の型枠の汚れ、型枠を外した後のコンクリート表面のチェック。

 

==============================

■(2)編集後記

ハウスメーカーの現場監督に専門知識を求めてはいけません。
建築基準法はもちろん、社内基準も知らない人がいる。

最近、弊社の指摘に対し「間違ってない」と反論した監督がいた。

間違っていない根拠を示せと指示をしたら、防火の指摘なのに
構造認定を受けていると報告をしてきた。
全く意味を理解していない。

営業なら仕方がないと思えるが、現場監督がこうでは依頼者は不安になる。

その後も施工マニュアルどおりだと言い張るので
マニュアルを開示しろと言っても出してこない。

この監督が特別ではない、大手ならどこの現場監督も似たようなもの。

私が20代後半でハウスメーカーをやめたのは
メーカーにいると専門知識が身に付かない。
せっかく資格を取ったので、もっと勉強したいと思ったからです。

やめたときの年収は700万円超。
周りからはもったいないと言われたことを覚えています。

大手メーカーは仕事が分業化されているので、専門知識が無くても務まる。
現場監督はお客さんや業者の対応が上手なことの方が大事。

今回の指摘をした件。メーカー側がミスをなかなか認めないのは
ミスを認めると数百件、数千件の現場に波及する恐れがあるからでしょう。

ただし、リコール制度がないため、過去の物件を切り捨てることは可能です。

 

==============================

3月にセミナーを行います。建築関係者向けです。

「欠陥施工のトラブル防止術」

欠陥施工の事例、欠陥の対処法などを説明します。

日時 2017年3月9日(木) 13:00~16:00

会場 東京国際展示場「東京ビッグサイト」会議棟6階
東京都江東区有明3-11-1

定員 100名

料金 一般価格:25,800円(税込)
読者特価:16,800円(税込)
※「日経ホームビルダー」「日経アーキテクチュア」定期購読者の方は読者特価でお申し込みいただけます。

申し込みはこちらから
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/books/14/505057/122600006/

今回セミナーは建築・建材展のイベントの一つです。
建築・建材展の入場は別途2.000円必要です。事前登録をすると入場料が無料になります。
https://messe.nikkei.co.jp/ac/

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影