ブログ

事例1005「鉄筋断面露出」

昨日は朝から19時まで現場に居ました。
1件の現場ではなく、複数件。

移動が多くなるため、1件の現場に1日居るより疲れます。
疲れ過ぎたのか、今朝は久しぶりに寝坊しました。

 

■(1)今回の事例______________

「鉄筋断面露出」
_______________________


◆写真解説

ベタ基礎人通口スラブ面。鉄筋の断面が見えている。
錆が進行するとコンクリートの爆裂の原因となる。

 

◆内容説明

人通口部の縦筋をスラブコンクリートを打設した後に切断。
施工手順が間違っている。

職人は注意を受けないため、これでいいと思ってやっている。
おそらく、かぶりの基準(基準法施行令)を理解していない。

瑕疵検査などでも良く見かける事例。
基礎の耐久性への影響から放置してはいけない事例です。

 

◆対策

基礎完成時にチェックする。
鉄筋断面はすぐ錆びるため、分かりやすい。

 

==============================

■(2)編集後記

例年に比べますと工期遅れの現場が多いです。
職人不足が原因でしょう。

いくら仕事があっても、工期が遅れると業者は儲かりません。
職人確保に余分な費用を支払ったり
遅延のぺナルティーなどで利益が減ります。

また、急ぐあまりいい加減に造れば、
手直しなどで多くの費用が掛かることもあります。

業者が忙しい時は、ミスも増えます。
注文する側も、できればこの時期を避けて注文するとよいです。

 

■================================■

 

3月にセミナーを行います。建築関係者向けです。

「欠陥施工のトラブル防止術」

欠陥施工の事例、欠陥の対処法などを説明します。

日時 2017年3月9日(木) 13:00~16:00

会場 東京国際展示場「東京ビッグサイト」会議棟6階
東京都江東区有明3-11-1

定員 100名

料金 一般価格:25,800円(税込)
読者特価:16,800円(税込)
※「日経ホームビルダー」「日経アーキテクチュア」定期購読者の方は読者特価でお申し込みいただけます。

申し込みはこちらから
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/books/14/505057/122600006/

今回セミナーは建築・建材展のイベントの一つです。
建築・建材展の入場は別途2.000円必要です。事前登録をすると入場料が無料になります。
https://messe.nikkei.co.jp/ac/

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る