ブログ

事例1060「壁断熱材未施工」

次のTV撮影が決まりました。
撮影予定の家は、日産やスバルの無資格検査が小さく思えるくらいの内容です。

関東地区での放送となります。
その後、一部の地方でも放送される予定です。

詳細が決まりましたら告知します。

 

■(1)今回の事例______________

「壁断熱材未施工」
_______________________

◆写真解説

換気扇スリーブまわりの隙間から見えるはずの壁断熱材が見えない。
断熱材を入れずに壁をとじた。(工事中に発覚)

 

◆内容説明

壁の断熱材を入れずに内側の壁を施工した。
全てではなく一部。

過去、あるメーカーで同様の事例が相次いだ。
発覚の発端は、エアコン屋さんが壁に穴をあけた際に気づいた。
同じ大工の現場を、赤外線サーモグラフィーカメラを用い、
断熱材の有無を何件か確認しました。

故意の手抜きは、大工施工のグラスウールなどで起きやすい。
大工は、あとから発覚するとは思っていない。

 

◆対策

断熱材の検査を終えるまで、内側のボードを一切張らせない。

 

 

==============================

■(2)編集後記

昨日の放送。相手業者は放送された内容以上に暴言を吐いています。

欠陥をつかまされた上に、暴言を吐かれては、怒りが増すばかり。
おそらくマスコミの介入を知ってしまったため、
今後、発言は慎重になると思います。

分譲住宅で、相手は複数。すでに責任の擦り合いも始まっています。
売主、仲介業者、設計監理者、施工者。
それぞれにマスコミが取材に行く予定。

さらに今後、行政も動く予定です。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る