ブログ

事例1024 「断熱材の浮き上がり」

3日から今日までの5日間、日常業務に追われ、
後回しになっていたことを片付けました。

現場予定がなく、時間が自由に使えたため、
途中、歯医者や美容院へ行ったりするなど
プライベートの用事も済ませました。

明日からは、現場予定がフルに入っております。

 

■(1)今回の事例______________

「断熱材の浮き上がり」
_______________________

◆写真解説

換気扇ダクトの上に施工した天井断熱材。
浮きあがりの隙間が大きな断熱欠損となる。

 

◆内容説明

ダウンライトや電気配線、写真のようなダクト部で断熱材が浮きやすい。
これを防ぐには、断熱材をテープなどで押さえて、部分的に2重に施工すればよいが
そのような手間をかけている現場を見たことはない。

断熱材は連続性を保ち、すき間や厚さむらがないように施工する。

 

◆対策

換気ダクトなどが多い場合は、屋根断熱にするなど
設計時に納まりを検討する。

 

==============================

■(2)編集後記

アプリケーションソフトをいくつか入れ替えました。
また、いくつかバージョンアップしました。

設定作業や、慣れるまでに多少時間がかかると思いますが
仕事の質は確実に上がると思います。

時々、見直さないといけないですね。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る