ブログ

事例1029 「コンクリート砕石、代替品の疑い」

東名阪集中工事のため、今日も三重県まで列車移動。

早めに目的地の駅に着いたにもかかわらず、タクシーがいない。
駅は特急も止まる駅。すぐに乗れると思ったのが間違いでした。

タクシーに乗れたのは結局、30分後。
10分遅刻で、弁護士などを待たせてしまいました。

 

■(1)今回の事例______________

「コンクリート砕石、代替品の疑い」
_______________________

◆写真解説

RCレーダーによる基礎内部の異常画像。
砕石の代替品として鉄鋼スラグなどが使われている可能性が高い。

 

◆内容説明

今まで見たことがない画像が出てきて、最初は機械の故障かと思った。
そこで隣の擁壁に機械をあてると、いつもどおり正常な画像が出てきた。

↓正常な画像 山の頂点に鉄筋がある。
縦軸:深さ  横軸:距離

機械メーカーへ画像を見てもらうと、私の予想どおり、
通常のコンクリートの材料でないものが混じっていることを指摘された。

良質な砕石の不足、地球環境などを考えれば、
鉄鋼スラグなどの代用品を使うことはダメではない。

ただ、住宅の基礎で使われることはほとんどなく、
きちんと管理したうえで使用、施工されたか疑問が残る。
おそらく、元請けの指示はなく、基礎屋が勝手に注文した可能性が高い。

実際に何を使ったか、情報開示を求めていくところです。
なぜ、代用品を使ったのか、理由も聞いてみたいです。

 

◆対策

住宅の現場では、生コンの注文を基礎屋に任せでチェックしていないケースが多い。
事前に配合計画書を取り寄せ、中身をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

今回の例は、鉄筋探査を行わない限り発覚しなかった事項です。
RCレーダー自体、普通にある機械ではないため、
何かきっかけがないと使うことはないです。

今週も、鉄筋位置の確認依頼を受けました。
この機械、4つタイヤがついていて、車のおもちゃのような姿。
立ち会った方に、「値段はトヨタ アクアが買える」と説明をしたら驚いてました。

健康診断と同じで、検査をしないとわからないことがあります。
結果はどうであれ、やれることは最大限やっておくことをお勧めします。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影