ブログ

事例1030 「ホルムアルデヒド放散」

昨日は4時起きで、遠方まで検査に出かけ、帰ってきたのは22時。

昨日以外も、今週は現場予定がびっしり。移動中もやることが一杯。
帰ってからは、書類処理に追われ、それが終わると裁判書類等の作成に追われます。

今週末も、紛争の現場立ち合いなど、予定が埋まっております。
急な検査依頼対応ができない状態です。

 

■(1)今回の事例______________

「ホルムアルデヒド放散」
_______________________

◆写真解説

あるメーカーのキッチンから、やや高めのホルムアルデヒドが放出されている。
F☆☆☆☆の表示が疑わしい。

 

◆内容説明

完成検査の際に、ホルムアルデヒドを測定している。

春頃より、あるメーカーの家だけ、数字が上がる。
発生源を調べたところ、原因はキッチンでした。

大手ブランドのキッチン。おそらくフォスター表示はインチキだと思う。

シックハウスの発症率は、それほど高くない。
また、24h換気を回せば、濃度が下がるため、今のところ問題にはなっていないようです。

こういった件は国が調べて、摘発してくれればよいが、
ホルムアルデヒドに関しては、対応はしてくれないようです。

もう少し証拠を集めてみます。

 

◆対策

法改正以降、シックハウスのことは、あまり聞かなくなった。
ただし、新たに発症している人は未だいる。

使う材料を、設計時に確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

現場で使うカメラを買い換えました。
今までとは機能が大幅に違います。現場撮影専用に開発されたカメラです。

新築検査の途中の方は、様式が少し変わることをご了解ください。
グレードアップのため、途中からでも変更させていただきます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影