ブログ

事例1034 「けた行き筋交いの割れ」

SNSなどにどこまで投稿して良いかなどの相談をよく受けます。
答えとして、相手や状況によって、条件は様々です。

やりすぎてマイナスになることもあります。
バランスが大事だと思います。

TVなどのマスコミを入れる時も
プラスになるやり方、マイナスになるやり方があります。

一概に何でも公開すればよいというものではありません。

 

■(1)今回の事例______________

「けた行き筋交いの割れ」
_______________________


◆写真解説

小屋組の変形を抑える「けた行き筋交い」の割れ。
固定部が割れてしまうと、その役割を十分に果たさない。
一般的には、釘打ちで割れにくい、もう少し幅広の材料を使う。

 

◆内容説明

けた行き方向の倒れを防ぐ構造材であるが、
1,2階などの壁に入れる筋交いと違い、あまり重要視されていない部材。

この部材に関する記載は、フラット35の仕様書にあるくらいで、
設計や図面で特に指示はせず、大工任せで付けているケースが多い。

使用した材の幅が薄く、厚みが厚いため、
機械で釘を打ったら簡単に割れてしまったと思われる。

 

◆対策

構造検査時に留めつけ、割れをチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

相談は有料で対応しています。
いきなり電話をかけてきても、無料相談は取次ぎをしておりません。
相談が無料ですと、希望される人が多く、相談に時間を取られ業務に支障が出ます。

有料でも毎週、何名かの方が相談に来られます。
有料相談なので、相談して良かったと思っていただきたい。
そのため、普段から本や資料を読むなど
インプットにたくさん時間を割いています。

先週来た方のうち2名の方が、1時間5万、10万円払っても良いくらい
の内容だったと言ってもらえました。

そのうちブログなどで、回答例などを紹介していきたいと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影