ブログ

事例1041 「ひび割れからの雨漏り」

台風5号。
進路が外れることを期待していましたが、多くの地域を通りました。
明日、検査に行く方面は、今回の台風の影響で被害が出ているようです。

雨漏り調査の依頼も数本、来ています。

 

■(1)今回の事例______________

「ひび割れからの雨漏り」
_______________________

◆写真解説

基礎のひび割れからの漏水。
基礎立ち上がりのひび割れは、貫通していることが多い。
幅が広いと内部に雨が入る。

 

◆内容説明

コンクリートは水密性があるが、ひび割れやジャンカなどがあると
そこから雨が入る。マンションなど鉄筋コンクリートの建物は、
ひび割れからの雨漏りに結構、悩まされている。

木造や鉄骨でも基礎はコンクリート。
写真のようにひび割れから水が入る恐れがある。

住宅の基礎の場合、入る水の量は少量で、天気になればすぐに乾くでしょう。
ただし、内部の鉄筋が水、空気にさらされるため、早期に錆びる。
耐久性の問題も大きい。

 

◆対策

幅0.15mm(諸説あり)を超えると水漏れを起こす。

外部に面するひび割れは、早期補修が必要。

 

==============================

■(2)編集後記

欠陥住宅でメーカーと話し合い中の依頼者から
「建て替え」が決定したという、うれしい報告がありました。

今年に入り、その他に
建て替え(調停) 1件。
契約解除(任意の話し合い) 1件。
全面やり替え(任意の話し合い) 1件。

なかなか、良い結果が続いています。

その反面、裁判を行っている事案は、勝ったとしても、削られる部分も多い。

これまで多くの紛争に携わってきて、闘い方のデータ、コツがかなり蓄積されてきました。
一生で一番高い買い物で、欠陥をつかみ、苦しい闘いをしてきた人たちの
苦労が報われるよう、今後の業務に生かしていきたいと思います。

また、メーカーが安易に裁判へ逃げることができないような、
被害者救済のシステムつくりも実施したいですね。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影