ブログ

事例1050 「壁上、熱気侵入」

明日から長距離移動が多くなります。

今週は電車、飛行機での移動がほとんど。
普段、車での移動に慣れているため、慣れない移動手段に疲れそうです。

早朝、夜の移動も多いです。

 

■(1)今回の事例______________

「壁上、熱気侵入」
_______________________

◆写真解説

夏場、間仕切り壁の上部に屋根裏の熱気が入り込んでいる。
気流止め未施工が原因。部屋が暑い原因になる。

 

◆内容説明

冬場は、部屋の暖めた空気が、屋根裏へ逃げていき、
床下などから、外の冷気を部屋へ引っ張る原因となる。

気流止めの施工は、ここ数年で一般的になってきた。
(屋根断熱の場合、壁上の気流止めは不要)
未だに、施工の必要性を知らない設計者、監督、大工が多い。

暑い、寒いに関係する重要な施工。
忘れず、確実に施工する必要がある。

気流止めを知らない方へ、断熱材メーカーの解説
http://www.pgm.co.jp/items/product_tome.html

 

◆対策

断熱材施工時、完了時に気流止めの施工を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

我々、自らの作業が報酬となる士業にとって
一番嫌な時間の奪われ方は「長電話(課金のない対応)」。

同じ話を繰り返したり、こちらが聞いても仕方がないことを説明されたり、
3分の2は聞いても仕方がない内容。

ある弁護士は、相談に来る方へ対し、
貴重な相談時間。相談内容を事前にまとめて来てください。
また、要点だけを話してくださいと伝えているようです。

普段からスケジュールに余裕時間を組みません。
長電話の時間分、予定していた仕事が遅れます。

掛けるほうは、悪気はなく掛けてきます。
1回くらいは、何も言いませんが、何度もある場合は、
今後の対応をお断りさせていただくか、5分で話を打ち切りさせていただきます。

メッセンジャー、SMS、LINE,メールなどで
要点だけ簡潔に連絡いただく分には全く問題ありません。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影