ブログ

事例1063 「手抜きによるひび割れ」

この業界は年末ぎりぎりまで動いている現場が多いようです。
「30日に予定できないか」という依頼もあります。

最近、過労死や長時間労働の問題が建築業界でも数多く出ています。
来年は、もっと世間や国の目が厳しくなると思います。

どう改善していくか注目しております。

 

■(1)今回の事例______________

「手抜きによるひび割れ」
_______________________

◆写真解説

住宅の基礎。横方向のひび割れが多数。打設時の締固め不良。

 

◆内容説明

横方向に走るひび割れ。
原因はコンクリートが固まる過程で下がり、生じたもの。
ちょうど上端の主筋あたりに入りやすい。

コンクリートが固まる過程で、締固めが不十分。
つまり手抜きが原因です。

基礎屋さんが忙しすぎて、時間がかけられない背景もあると思います。

 

◆対策

2度目のバイブレータ掛け、流し込み後時間をおいての天端押さえを推奨します。

 

==============================

■(2)編集後記

大きなミスがあるなどの場合、検査料を業者側が支払うケースがあります。

最近では大手含め支払いが悪い会社が多い。
催促するのも時間を取られるため、一度、支払いが遅れた業者に対しては、前払いにしようと思います。

また、未払い期間が長い場合は、約束を守れない悪徳業者として名前を実名で書こうと思います。

 

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影