ブログ

事例1094 「鉄筋径の間違い」

このところ躯体の木が雨で濡れたという相談が増えています。

少々の事でしたら問題ありませんが、繰り返し、大量に濡れると
影響が出ることもあります。

できるだけ濡らさない。濡れたら早期に乾かすことを
心がけてください。

 

■(1)今回の事例______________

「鉄筋径の間違い」
_______________________

◆写真解説

鉄筋径がD10、図面(D13)より細い。
コンクリートスラブの配筋。

 

◆内容説明

鉄筋径を太いもので統一すれば、施工ミスは起きにくいが、
コストの面からそのようなことは一般的には行われない。

床(スラブ)の配筋は、位置や方向により、鉄筋径が異なるケースが多い。
複雑になるほど、ミスは起きやすい。

径の大きい方へ間違えばよいが、小さい方へ間違うと耐力不足になる恐れがある。

 

◆対策

全数検査を行う。
鉄筋径は3mmごとにサイズが上がる。
慣れていれば、見るだけで径は分かるため、
全数検査をしても手間ではない。

 

==============================

■(2)編集後記

明日は、テクノロジーネクスト2018に参加します。

私は一番最後のセッションに登壇。
ただ、事前チェックが12時ころのため、早めに会場入りして、
自分以外のセッションも見る予定です。

最新テクノロジーの建物への実用化が思っている以上に進んでおります。
明日は、もっと驚く話も聞けるでしょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影