ブログ

ブロック塀

高槻市の小学校のブロック塀倒壊。
昨日、ヤフーニュースの画像を見て、控え壁がないのはすぐに分かりました。
また、擁壁の上に造ったため、縦筋はあと施工アンカーを施工したと思われ、
アンカー筋の継手部から抜けた感じが画像から判断できます。

今日のニュースでは、横筋の継手に不備があったとも言ってました。
これから建築系の雑誌などで、不備の詳細が記事になると思います。

役所が建築基準法違反をあっさり認めました。
公共工事で、こんな単純ミスが見逃されるのが信じられません。

私は過去、学校の新築や耐震補強工事を担当したことがあります。
役所のチェックを意識して、現場全体がきちんとしてました。

塀の工事自体、軽微な工事であり、担当者も業者任せだったのでは。
それでも、工事写真で鉄筋の不備は見抜けたと思いますし、
工事中や点検時に控えがないことくらいは気づくと思います。

この際、学校だけでなく、個人所有の道路に面するブロック塀も点検すべきだと思います。
普段であれば、勝手に触ったなどと言いがかりを付けられそうですが、
期間限定で役所が音頭を取ればよいと思います。

建築士会などを通じ依頼があれば、私も協力したいと思います。

 

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る