ブログ

事例1095 「小屋裏の湿気」

1年の中で、5月、6月はスケジュールに多少、余裕があります。

建築業界は3月に完成のピーク。
工事遅れなどで4月までバタバタ。
それを過ぎた5,6月で一服と言う感じです。

この先、大きな事件の依頼などが複数、来ております。
また、忙しくなります。

 

■(1)今回の事例______________

「小屋裏の湿気」
_______________________

◆写真解説

屋根断熱施工の小屋裏の湿気。
湿気の原因は、屋根通気層の湿気の滞留。野地板が腐る原因となる。

 

◆内容説明

外部の仕上げを確認すると、屋根通気の上部で出口がない。
そのため、湿気が通気層上部に溜まり、小屋裏も湿気ている。

この日、室内の湿度は45%。小屋裏は75%。
温度は同じであり、水蒸気量が異常に多いことが分かる。

ウレタン断熱材は、ある程度透湿性があるため、小屋裏はこの程度で収まっている。
通気層内は、湿度が100%近いと思われる。

 

◆対策

屋根通気を設けた場合は、通気の入り口、出口を確実に取る。
暖められた空気は高い方へ移動する。反対はない。
一番高い位置に出口を設ける。

 

==============================

■(2)編集後記

今回紹介した屋根通気の不備をたくさん発見しています。

家の省エネ化が進み、新しいやり方がいろいろ出ています。
新しいことは、不具合の予見が付かず、ミスが起きやすい。

業者が経験したことがない工法をお願いする場合は、注意が必要です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影