ブログ

事例1099 「大引きに付着したカビ」

岐阜県、多治見市などで40度超え。
5年ぶりだそうです。

今日は1日、1件の現場で瑕疵検査。
冷房の入った部屋と、そうでない部屋、屋外等を行ったり来たり。
体が暑さに慣れてきたためか、調子悪くなるようなことはありませんでした。

 

■(1)今回の事例______________

「大引きに付着したカビ」
_______________________

◆写真解説

1階の床下。大引きにカビの胞子が付いている。
基礎断熱で換気がなく、床下が湿気ているのが原因。

 

◆内容説明

床下に通気が有る無し関わらず、最近、カビの胞子をよく見かける。
1階床を雨に濡らすとカビが生えやすい。

床下に通気が有る場合、「床下空間は外部と一緒、問題ない」
という業者の回答が多い。

実際は、床下の空気は室内へ引っ張られる。
冬場、1階のコンセントから風を感じるのは、
床下の空気が入っているから。

少量であれば、カビ臭さを感じることはない。
カビが生えた場合は、薬品処理などを行う。

 

◆対策

養生をしていても、濡れてしまう事はある。
完成時、床下を確認する。

 

 

==============================

■(2)編集後記

しばらく、晴天が続きます。
年によっては、まだ梅雨が明けてない時期。
今年は早々に梅雨が明け、その分、猛暑になっています。

今現在、基礎や躯体組み立てを行っている人は、
雨に濡れず、運が良いです。

ただし、コンクリートを打つには厳しい気温。
生コン工場は、気温に応じて、暑中コンクリートの対応をしていると思います。
問題は運搬や現場。住宅レベルの現場できちんと管理が出来ているか心配です。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影