ブログ

事例1105 「ダクトの結露」

岐阜県の山間部の現場へ行ってきました。

7月の大雨で国道が通行止め。
遠回りを強いられました。

建物が大きいため、あと2回ほど伺う予定です。

 

■(1)今回の事例______________

「ダクトの結露」
_______________________

◆写真解説

小屋裏を通るアルミダクトの結露。
原因は、夏場の湿気た小屋裏+エアコンの排気で冷えたダクト。

 

◆内容説明

夏にエアコンを付けると、2階の壁に水滴が垂れてきた。
小屋裏で結露した水が、天井の気密シート上に溜まり、
シートの端から壁際に落ちた。

屋根断熱でもないのに、小屋裏換気はなし。
湿気が抜けず、湿度が高い。

その中をアルミダクトが通っている。
エアコンで冷えた空気が通るため、結露が起きた。

取り急ぎ、断熱ダクトに交換。
小屋裏換気を設けることもお願いしている。

夏場はエアコンの冷気で結露が起きやすい。
湿気やすい箇所に冷気を直接あてないことも重要です。

 

◆対策

断熱タイプのダクトを使う。

 

==============================

■(2)編集後記

明日は朝、岐阜と愛知の現場に行ってから出張。
泊りではなく、その日のうちに名古屋に帰ります。

週末から来週にかけても予定が埋まっております。

現在、瑕疵検査は、順番を待って頂いている状態。
相談も少し先でないと枠が空いておりません。

9月に入ると多少空きが出る予定です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影