ブログ

完成検査で多い指摘

完成時の検査で指摘が多いもの。

「ユニットバス下、基礎断熱の施工不備」

写真は、人通口部の断熱材蓋が未施工。

その他、蓋まわりの隙間、配管貫通部の隙間などの指摘が多い。

この箇所に隙間が多いと、省エネ施工が落ちます。
床下の外気が入り込み、壁の周りから1階天井を経由し、室内へ入ります。
(ユニットバスの壁と躯体の壁の間に隙間がある)

長期優良住宅の制度ができ(H21年)、省エネの規定から、
ユニットバス下からの空気を遮断する施工が一般的になりました。
(基礎断熱+気密、もしくはユニットバス床の断熱、周囲の気流止め)

それまでの家は、断熱、気密措置が無くてもOKでした。
(今でも契約内容によっては無くてもOK)
冬場、寒さを感じる場合は、リフォームで周囲を塞ぐと良いです。

今でも、監督、職人が十分理解していない現場が多い。
ここの施工が省エネ性に影響します。
床下の分かりにくい箇所なので、プロに検査を依頼すると良いです。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影